ダウンクリーニング PR

モンクレールダウンは何年着れる?寿命を伸ばすための方法を解説!

モンクレールの寿命
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
編集部 佐藤
編集部 佐藤
こんにちは ラクリー編集部の洗濯ソムリエの佐藤です!

ファッション性と機能性の高さが人気の高級ダウンウェアブランド「モンクレール」。高価なダウンからこそ、できるだけ長く大切に着続けたいですよね。

実際のところ、モンクレールのダウンは何年くらい着られるのでしょうか?寿命を伸ばすコツも合わせてご紹介します。

モンクレールのダウンの寿命はどれぐらい?

モンクレールダウン

ダウンの寿命は一般的に3~4年くらいと言われています。

これは羽毛の劣化だけでなく、生地や部品の傷み・メンテナンスのやり方・ドライクリーニングの影響など、様々な要因によるものです。

そのため、正しいお手入れや定期的なクリーニング(水洗い)をしていれば、大切なダウンをより長く着ることは十分可能です。

モンクレールの場合も、5年以上何の問題もなく着続けているという実例もあります。

一方、傷みや保温性の低下などが見られる場合は、残念ながら買い替えを検討する時期だと言えるでしょう。

モンクレールのダウンの買い替えのタイミング

寿命・買い替えを検討する状態

  • 側生地の破れ・ほつれ
  • 目立つ派手なシミや汚れを付けてしまった
  • ダウンが外に飛び出てくる
  • ダウンジャケットのかさが減った
  • 暖かさが低下した
  • 臭いがきつい
  • ファスナーが壊れた
  • アニメラベルが剥がれてしまった
  • 色褪せがひどい など

ダウンが寿命を迎えている、あるいは買い替えを検討するタイミングの目安となるのは、上記のような状態になった時です。

傷みや汚れはダウンの着方・お手入れの仕方によって違ってきますので、その原因も含めて一つ一つを具体的に見ていきましょう。

側生地の破れ・ほつれ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

PROSHOP HIRAISHIYA(@proshophiraishiya)がシェアした投稿

ダウンの劣化は、生地の破れやほつれといった目に見える形でしばしば現れます。

どれだけ注意していても、生地が強くこすれたり、何かに引っかかったりして、うっかり傷つけてしまうことは珍しくありません。特にポケットや袖口のように負荷がかかりやすい部分は、早く傷みが出やすい傾向にあります。

破れやほつれは時間と共に悪化し、最終的には修復不可能な状態に至ることも多いです。もし正規店やクリーニング店で修理を断られた場合は、そのアイテムが寿命を迎えたと考えるのが妥当です。

目立つ派手なシミや汚れを付けてしまった

自宅で簡単に洗うことができないダウンは、シミや汚れが命運を左右します。特に、淡色のダウンに濃いシミが付くと、恥ずかしくて着ることができなくなることもありますね。

食べ物や飲み物のシミは、すぐに対処すればある程度落とすことができますが、放置してしまうと変色して取り除きにくくなります。また、汗や雨など色のない水分でも、生地に浸透すると目立つシミを形成することがあります。

クリーニングでさえ取れないほどの汚れがある場合は、残念ですが諦めるしかないかもしれません。

ダウンが外に飛び出てくる

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

PROSHOP HIRAISHIYA(@proshophiraishiya)がシェアした投稿

ダウン製品では、縫い目などから羽毛が飛び出すことは珍しくなく、針が通るほどの小さな穴でも羽毛が出ることがあります。

羽毛が劣化して細くなると、飛び出しの量が増える場合があります。ダウン製品は、ダウンパックという特殊な袋に羽毛を詰め、その袋が外側の生地と共に二重構造を形成しています。

しかし、このダウンパックの生地が劣化すると、外側の生地に問題がなくても羽毛が頻繁に飛び出すことが発生します。

ダウンジャケットのかさが減った

ダウンジャケットのかさが減ったように感じるのは、主に湿気や羽毛の劣化が原因です。

羽毛は汗などを吸収しやすく、湿気を溜め込むとふくらみが減少してしまいます。

日陰干しすると蘇ることもありますが、戻らない場合はクリーニングに出してみるのもよいでしょう。

一方、洋服をたくさん詰め込んだクローゼットに強引に収納したりすることで、大切な羽毛をつぶしてしまうこともあります。

軸の折れてしまった羽根は、残念ながら元に戻すことはできません。

暖かさが低下した

ダウンの高い保温性は、ふくらみのある羽毛が多くの空気を保持することにより実現します。

しかし、羽毛が湿気を吸収したり劣化してボリュームを失うと、空気を保持する層が減少し、結果として保温性が低下します。

もし購入時の暖かさが感じられなくなった場合は、羽毛の劣化や湿気が原因の可能性が高いです。クリーニングで洗浄や乾燥を行うことで一時的に保温性が回復することもありますが、羽毛が既に劣化している場合、効果は限定的かもしれません。

臭いがきつい

食事やタバコの臭いなどがダウンの表面に一時的に付いただけなら、日陰干しをして風に当てると取れる可能性があります。

しかし、汗やカビの臭いなどが羽毛にまで浸透すると、しっかり水洗いしなければ臭いも落ちません。

もちろん、消臭対策をしないまま長期間置いておくのは厳禁。水洗いしても消えないほど臭いが染みついてしまったら、ダウンそのものが寿命を迎えたことになります。

汗やカビの臭いは湿気が原因になっているため、羽毛が劣化している可能性も高いと言えるでしょう。

ファスナーが壊れた

モンクレールのダウンのファスナーはオリジナルデザインを採用しているケースが多く、特にスライダー(引き手)はアクセントにもなる重要なアイテムです。

しかし、ファスナーは着脱する度に力が加わる部分でもあるため、破損や紛失も多く起こります。

正規店に替えのファスナーがあれば同じ物に取り替えてもらえますが、在庫がない場合は他の物との交換となります。

そのため、デザインにこだわりがある方にとっては、モンクレールの大切なオリジナリティが失われてしまうことになります。

アニメラベルが剥がれてしまった

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

PROSHOP HIRAISHIYA(@proshophiraishiya)がシェアした投稿

モンクレールのダウンに付属するアニメラベルは、洗濯方法をイラストで示したもので、ブランドの特徴の一つです。

このラベルは長期間使用するうちに縫い糸が解けやすく、剥がれてしまうこともあります。正規店でも新しいラベルに交換することはできないため、ラベルが失われるとブランド価値が低下する可能性があります。

さらに、アニメラベルが剥がれてしまうほど長く着用している場合、ダウン自体も相当な使用感が出てきていると考えられます。

色褪せがひどい

ダウンの生地が色あせる主な原因は、汗などの汚れ、紫外線の影響、またはドライクリーニングの溶剤です。

一度色があせてしまうと、原因となった汚れを取り除いても元の色に戻すことはできません。しかし、元の色よりも濃い色に染め直す方法で、ダウンの見た目を新たにすることは可能です。

この色染めサービスは高級ダウン専門のクリーニング店で行われていますが、仕上がりが全く異なる色になるため、元の色を好んでいる方には向いていないかもしれません。

買い替え前にクリーニングと修理も検討!

修理内容プロショップひらいしや正規販売店
クリーニング9,800円~要確認
要見積もり
ファスナースライダー9,500円〜
スナップボタンの修理要見積もり
袖口ゴム交換21,800円
袖口リブ交換
21,800円
破れ・穴あき
ほつれ補修
要見積もり
色染め(全体・部分)全体 35,000円
部分 10,000円〜
シミ抜き3,300円〜
撥水加工3,500円
消臭加工2,200円
防虫加工2,100円
抗菌加工2,300円

お気に入りのダウンジャケットがそろそろ寿命と感じたら、新しいものを購入する前にクリーニングや修理を考えてみましょう。

これらの修理サービスは、正規販売店や高級ダウン専門のクリーニング店「プロショップひらいしや」で利用できます。基本的なクリーニングから、生地の破れ、ほつれ、ファスナーのトラブル、アニメラベルの補修、袖口の修正まで、さまざまなパーツに応じた細かな修理を受けられます。

さらに、撥水加工、消臭加工、防虫加工、抗菌加工などを施すことで、大切なダウンの寿命を延ばすことが推奨されます。

プロショップひらいしや

プロショップひらいしや
本社所在地福島県二本松市金色406-8
電話受付時間10:00~15:00
定休日土・日、その他
電話番号0243-24-9292
申込み方法専用ページから注文
ダウンベスト8,700円
ダウンジャケット9,800円
ダウンコート12,100円
その他付属ファー¥2,900 ウール素材・ファー付き・子供用は別料金
宅配全国対応可能
購入先公式サイトはこちら

プロショップひらいしやの公式ページ

モンクレール等の高級ダウンも含め500,000着以上というクリーニング実績をもつプロショップひらいしや。

モンクレール特有の色褪せは全体の色を染め変えることでお直しが可能。染め変えをすることで世界で1着しかないオリジナルのモンクレールダウンとして生まれ変わり、気持ちも新たに着用していくことができます。

また、色補正・色染め直しだけではなく袖のゴム交換、破れ補修、アニメラベル縫い直し、チャック交換等衣類の直しもすべて対応してくれるため、まだまだ大事に着たいダウンをのクリーニングとお直しを任せるのにおすすめです。

モンクレールのダウンのお手入れ

  • ハンガーは肩幅がしっかりフィットしたものを使う
  • 着用した日には側生地のホコリをブラシで払い落とす
  • 硬く絞った柔らかい湿らせた布で表面をやさしく拭く
  • 春夏の保管シーズンでは風通しの良い場所で陰干し
  • ボリュームが減った場合はやさしく叩いて空気を入れるのもあり!

ダウンをかけるハンガーはプラスチックやワイヤーの細い物ではなく、肩に厚みのある物を使うと型崩れを防げます。

着用した日は表面のホコリを払い落とし、汚れが気になる部分は硬く絞った布で優しく拭いてからクローゼットにしまいましょう。

また、オフシーズンにも時々日陰干しをして湿気を追い出すと、羽毛の劣化を遅らせることができます。

ボリュームが減ったと感じる場合は、軽く叩いてダウンの中に空気を送り込むのも有効です。

まとめ

他のブランドにはない独自のファッション性と機能性の高さが人気のモンクレール。

今回はダウンが寿命を迎えるサインについてご紹介しましたが、正しいメンテナンスや定期的なクリーニング・修理などを行えば、平均寿命よりも長く愛用することは十分可能です。

気軽には買えない高価な物だからこそ、ぜひ大切に扱って寿命を伸ばしてあげてくださいね。

ABOUT ME
ジュニア洗濯ソムリエ 佐藤
ジュニア洗濯ソムリエとして洗濯やクリーニングについての知識を読者様に発信しています。宅配クリーニング全30社を実際に利用し仕上がり・サービス・コスト比較などユーザー目線と宅配クリーニングマニア目線でわかりやすく解説します。
宅配クリーニングが便利!

クリーニングイメージ

クリーニングしたい衣類の引取りからお届けまで自宅にいながら完結できる宅配クリーニング。

たくさんある宅配クリーニングサービスの選び方から価格が安いお店まで徹底比較しました。お店選びの参考にしてみてください。